集合住宅

悩める不動産売却をテキパキ行ないたい|コチラが参考になります

今が買い時です

握手

敷居が下がっています

投資用マンションを保有することは難しいことではありません。というよりも、難しいことではなくなってきたという方が正しいです。少し前までは、投資用マンションというと資産家が手掛ける資産運用手段の一つでした。都市部であれば、投資用マンション1戸当たりの価格が1000万円から1500万円くらいするうえに、投資用マンションを購入するためのローンを組んでもらえる人も限られていたからです。しかし、ここ数年で様子は大きく変わってきています。今では、20代や30代の若い人たちで年収が400万円程度であっても、簡単にローンを組むことができるようになってきました。これには金融機関が置かれた状況が大きく影響しています。

借りやすい状況です

量的緩和政策とともにマイナス金利政策が導入されており、お金が世の中に大量に溢れる仕組みができているものの、その融資先がなくて困っているのです。そのような中で、金融機関は資金ニーズが比較的高い不動産投資へお金を供給しています。投資用マンションを購入したいと考えているものの、二の足を踏んでいるのであれば、まずは金融機関にローンの相談をしてみましょう。最近では公的な金融機関も不動産投資に積極的に融資をしています。金利も1%前後と格安です。頭金も多くは求められません。今のような状況がいつまでも続くとは限りません。検討しているうちに金融機関の姿勢が硬化することもあり得ます。不動産投資を考えているのであれば、まずは行動しましょう。